利用料に注意 | ソープでスッキリ楽しもう!時には高級ソープにも行ってみましょう

ソープでスッキリ楽しもう!時には高級ソープにも行ってみましょう

利用料に注意

寝転んでいる

ソープを利用したい、そう思った時には川崎や福原のようなソープに行き、無数の店舗の中から利用してみたいと思った店舗を絞り込み、その上で店舗に入り、サービスを楽しむことになります。
なので、多くの人がソープ街をウロウロと歩きながら、どこか良い店はないかなー……なんて思っているはずですが、実はソープ選びをする際には少々注意しないといけないことがあります。
それは「ソープの中には店頭価格だけでは楽しめない店舗がある」ということです。

そのため、もし店頭価格だけでは楽しめない店舗だと知らずに店内に入り、幾らになるかを聞いて店頭の価格と全く違う値段を言われてしまうと、人によっては詐欺だ!と思ってしまう人も居るのです。
ですが、このような料金の表示方法というのは、ソープに古くから伝わるルールのようなものなので、店舗スタッフからすると、ソープを利用する時にそのルールを知らずに店舗に入ったほうが悪い、という風に思われてしまうのです。
なので、ソープを利用する際にはそのような料金の記載方法をしている店舗があるということ、そしてどのような記載方法をしている店舗が店頭価格以外の料金が必要なのか、というのを知りましょう。

店頭価格以外の料金が必要となる店舗は、料金表示に「入浴料」という記載のある店舗です。
このような記載がある店舗というのは、店頭にあるのは入浴設備を利用するための料金で、実際にサービスを受けたいと思った時には、この料金に追加で「サービス料」と言うものが必要になるのです。
このサービスの平均的な額というのは、店頭価格の2.5倍から3倍と言われているので、ソープを利用する際には、少なくとも店頭価格の3倍のお金と店頭価格を足した額を持っていくようにしましょう。